FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

te
いつ描いたのか覚えてない義仲のらくがき

御無沙汰してます。モチタニです。絵は描いてるんですが小さいこちゃこちゃしたものばかりなので一個一個写真を撮ってアップロードするのが…うん…。なんで私は似たようならくがきばかり何個も描いてるんだろうとパソコン上で見てから落ち込むという。一枚で見応えのある絵を描かないと駄目ですね。

あとハマってからしばらく経つと最早原形をなくしてしまう人間なのでそろそろもう一度平家物語を読んで原点回帰してぶわわっとなる予定です。


拍手ありがとうございます。三月はもっと更新したいです。
スポンサーサイト

こんなのばっかり

kakikake
確かテレビで織部特集を観た時に描こうとした古田織部と細川忠興の描きかけらくがき。
織部はデザインだけはかなり前から出来てたんですがデザインメモが行方不明だったので(自分で考えたデザインを覚えてないという)放置に至りました。ひどい。

もう三月ですね。ここ二、三年、春が近付くとなぜ冬の間にもっとモフモフを描いておかなかったのだろうという後悔にさいなまれる。秋になると、夏の花をもっと描いておけばよかったと思う。

バレンタイン

いつものカレカノです。
vd1


vd2
























長いので畳みます。
拍手ありがとうございますv

続きを読む

くち吸い

mizuaono


虫が駄目な方すみません。可愛く「やめて…」と頼まれましたらお下げしますので、無理な方は管理人に仰って下さい。オオミズアオ好きです。

前の加工があまり好きでなかったので変えたのですが画像がでかすぎると恥ずかしいですね。でも青の発色は前の方が気に入ってた。加工ってなかなか自分の思い通りにはいきませんね。

なんか

nenetomatsu
秀吉さんちのおねねさんと前田さんちのおまつさん。
ちょっと江戸以前っぽい(当社比)着物もどきを描いてみようかな!と思ったのですが、帯が主張しない種類の着物はやっぱり難しいです。着物のバランスそのものも、着物の柄やデザインを大胆かつ下品でなく細やかにするのも難しい。安土桃山~江戸初期の着物のデザインて遠くから見ても近くから見ても魅力的で大好きなのですが。

ichi
あとお市さんのデザインを元に戻そうと思います。という報告をしてもおそらく皆さん元のデザインも今のデザインも覚えておられないですよね。モチタニは市女笠に対して多大な夢を抱いております。

先週今週とオフが立て込んでおりご無沙汰してました。空いている時間も読みたい本がたくさんあってそっちに費やしていました。アウトプットよりもインプットの方が楽しい時期が時々来ます。描くより見る専シーズンが来ることもきっと十代の頃は予想してなかった。
金曜日は映画のレ・ミ/ゼ/ラ/ブ/ルをやっと観て美術館に行ってさらに図書館にも行ったのでかなり大満足でした。レ・ミ/ゼ/ラ/ブ/ルすごくよかったです。
そういえばこの前十日以上更新を空けた時はパスワードをど忘れて自分の鳥頭具合に愕然としたのですが今回は大丈夫でした(嬉しくない)。

拍手ありがとうございます。昔の記事にもありがとうございました。とても嬉しいです///

まゆをひそめる

一月中に義仲と兼平のシリアス目な漫画を描きたかったのですが気付いたらもう二月だった。yoritomo

最近デザイン段階の頼朝メモを発掘したのでさらしてみます。てやっ。これはほぼ決定版
そういえば昨年の大河で頼朝が義経に対して“お前達母子が我らから父を奪ったのだ”的なことを言ってくれないかなとワクワクしていた記憶があります。途中で諦めましたけど。ちなみに私は昔から義経より頼朝派です。
yoritomo2

左は少年時代。我が家の頼朝は「昔は可愛かったのに」がテーマです。←
目の大きさ全然違う
yoritomo3
頼朝は泣かなさそうなイメージですが、悔しげでかつ意志の強そうな泣き方を少年頼朝にさせたかったようです。
父の喪失を期に価値観がごろっと変わるというか、父の死を知って泣くんだけどさめざめした泣き方ではない、みたいな感じにしたかったのです。

yoshihira
これは義平のメモ。こういう顔を描くのが好きらしい。
義朝関連で描きたい話も結構あるのですが、鎧とかもう少し調べてから描きたいとか言ってたら全然描かないですね。というか鎧を描く元気がない(見るのは好き)。


そういえば昨年、平治の乱の際に義朝がつけていた鎧が楯無と知った時「『御旗楯無も御照覧あれ』の楯無!?」とパニック状態になりましたがウィキ先生によると違うみたいですね。びびった(調べろ)。当時は完全に頭が浮付いておりました。しかし祖先伝来の武具が神格化される所にはロマンを感じずにはいられないです。以前昔の白黒映画の感想で、亡くなった主君の鎧に対し主君に対するように礼をとる家臣の図にぶわわっとなったことを書いたのですがこう、本人はもういないが故に忠義の対象が象徴化されるっていうのがですね。しかもそれがある種信仰の対象となるのですからもう。
逆に本人が亡くなってしまったらもうその人の遺したものに何も意味を見いだせなくなるというのもぐっと来ますが。うまく言葉にできません。難しい。
御旗楯無が気になった方はご自分でお調べになることをお薦めします。
プロフィール

モチタニ

Author:モチタニ
歴史上の人物をモデルにしておりますが、実在の人物・団体・史実・作品などとの関係はありません。

ブログ内の絵や文章の無断転載・加工はおやめください。
我が家の子供たちを描いて下さると管理人がとても喜びます(このサイトのものだと分かるようにお願いします)

その手のサイト様に限りリンクフリーです。貼るも剥がすもご自由にどうぞ。
リンクにメールフォームがあります。お名前やメアドはなくても大丈夫です。

URL:http://niga1mitsu.blog134.fc2.com/
バナーURL:
http://blog-imgs-53.fc2.com/n/i/g/niga1mitsu/201209051340212d5.jpg

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。